• 直撃インタビュー
  • 院長プロフィール
  • 治療方法
  • 実例・症例
  • 小児期の治療の重要性

取材協力

轟はり灸治療院

043-285-5521

診療科目
心療内科鍼灸、美容鍼・一般鍼灸、 スポーツ鍼灸、交通事故治療

実績・奨励

実際の心療内科系鍼灸の患者様の症例です。初診から現在の状況を記載しています。

30代 男性 自営業

【症状】

うつ病、パニック障害

【初診状況】

  • 頚、肩こり、胸の痛みがあり、目の疲れやかすみ、目の奥に痛みを感じる、動悸、疲れやすい。
  • 25歳からパニック障害、ホスピタルに週3回通院しリハビリを受けている。
  • 心療内科に通院し抗うつ剤、安定剤を服用。

【治療現状】

鍼灸治療を週に1回、遠方からの通院なので治療は週に1回であるが、痛みや不定愁訴の改善がされている。少しずつ社会復帰ができ、お客との会話も出来るようになった。

40代 女性 会社員

【症状】

軽度うつ病、不安障害

【初診状況】

  • 頚、肩こり、全身がだるい、疲れやすい、顔がほてる、頭痛、頭重、やる気が出ない、寝汗。
  • 神経内科に通院し安定剤を服用。6か月前に子宮筋腫の手術を受けてから体調を崩している。

【治療現状】

鍼灸治療を週に3回、3か月続ける。病気によるストレスや不安によるうつ状態で、体質改善を目的に治療を行う。現在は症状もなく週に1回、定期的に予防として治療を行っている。

20代 男性  会社員

【症状】

気分障害、不安障害

【初診状況】

  • 頚、肩こり、手のしびれ、全身がだるい、疲れやすい、憂うつ、やる気が出ない、頭痛、めまい。
  • 数年前からプレッシャーのかかる仕事をしており、仕事をしながら薬による治療を続けるが、更に仕事が忙しくなり、2ヶ月前に症状が悪化。 神経内科に通院、抗うつ剤を服用。

【治療現状】

鍼灸治療を週に2回、仕事へのストレスが大きく症状が強く出ていた。自律神経を整えることを中心に治療を行なう。
症状の改善がみられ、現在も通院をしている。

40代 女性 主婦

【症状】

不安障害、うつ病

【初診状況】

  • 頚のこり、全身がだるい、疲れやすい、憂うつ、不安感、やる気が出ない、すぐ怒る、イライラしている、頭痛。
  • 10年前から心療内科に通院 安定剤、睡眠剤を服用。

【治療現状】

鍼灸治療を週に2回、症状が重く通院が困難で自殺願望があり、カウンセリングをしながら治療を行う。
現在は症状が安定したため、週1回の通院をしている。

30代 女性 パート社員

【症状】

うつ病、パニック障害

【初診状況】

  • 頚こり、手足の冷え、眠れない、寝つきが悪い、熟睡できない、疲れやすい、躁鬱、不安感、イライラしやすい。
  • 3年前に心療内科に通院し安定剤と睡眠導入剤を服用。

【治療現状】

鍼灸治療を週に1回、初診から症状は軽い状態であり、特に眠れない原因は家庭内のトラブルがストレスとなっていた。
現在は治療を行うことにより、薬の服用もしていない。

このページの先頭へ